きゅうり

キュウリ

ハウス

兼備1号

兼備1号
適作型
ハウス: 9〜10月定植

 

1月中旬〜3月定植
雌花率
主枝着果率:

40%前後(9〜10月定植)

70%前後(1月中旬〜3月定植)

 

側枝〜孫枝以降:60〜70%

1節1〜2果成り

果実 100gで21〜22cm(兼備2号よりやや長め)

ウドンコ病と褐斑病の双方に耐病性。分枝性が良くオーソドックスな摘芯仕立てに対応できる。果形の安定性が高く、尻コケ果、尻太果などの発生は極少ない。

特にウドンコ病、褐斑病に対して強い耐性を持ちべト病にも強い。

リーフレット ダウンロード

※掲載商品の詳しい情報につきましては直接お問い合わせください