会社案内

会社沿革

商号 株式会社 埼玉原種育成会
所在地
【本社】
〒346-0105 埼玉県久喜市菖蒲町新堀2616番地
電話:0480-85-0854
FAX:0480-85-0407
【農場】 埼玉県久喜市菖蒲町新堀2614番地
【福島事務所】 福島県須賀川市茶畑町45番地
【西南サービスセンター】 宮崎県都城市穂満坊2713番地
創業 昭和34年
設立 昭和44年4月
事業内容 果菜類のキュウリ、南瓜、メロンを中心にした品種改良、種子生産卸売
昭和36年 キュウリ・夏埼落1号開発、ハイグリーン10開発。
露地、トンネル、ハウス向け本格的ハイブリット品種としてデビュー
昭和37年 キュウリ・黒イボ新光埼落1号開発。
昭和39年 キュウリ・夏埼落3号を開発。日本のハウス冬春白イボキュウリ栽培の幕開けとなる。それまで黒イボキュウリのみ栽培されていた冬春キュウリ栽培の作型に、高品質で耐寒性のある夏埼落3号で白イボキュウリの栽培を可能とした画期的品種。愛知県以西が黒イボ、東が白イボ栽培に国内が二分される。東日本の白イボ産地を席捲。
昭和44年 株式会社に改組。
昭和46年 キュウリ・王金促成など作型毎の品種をシリーズ6品種を開発(促成、半促成、早熟、夏秋、抑制、越冬)ハウス周年栽培が確立され西日本の黒イボ産地が白イボキュウリに替わるきっかけとなる。
昭和47年 キュウリ・夏秋節成り2号開発、ベト、ウドンコ病にも強く、ハウス抑制、半促成、露地栽培で爆発的ヒット、全国席捲。
昭和48年 キュウリ・黒イボ新光埼落1号 国内トップ産地高知県席捲。
四国全県から九州大分、鹿児島、宮崎まで普及し、昭和50年前半で終了した国内黒イボ栽培、最後の普及品種となる。
昭和54年 キュウリ・女神シリーズ(5品種)開発 女神1号・女神2号を中心に全国席捲。
昭和55年 新土佐系強勢台木 王金ウルトラ南瓜開発。
昭和58年 福島事務所開設。
昭和59年 バイオテクノロジー育種に着手。
昭和61年 キュウリの成長点を培養する事によってカルス(未分化細胞のかたまり)からの植物体再生に成功。
昭和61年 キュウリ・シャープ1・開発。全国席捲。
昭和61年 メロン開発に着手。
昭和62年 ミニキュウリ・おやゆび姫、かぐや姫、うりこ姫発売。
太さ 2.4〜2.7cm、長さ 12〜14cm レギュラーサイズのキュウリに比べ、太短くイボが極めて少ないタイプの3品種。
昭和63年 ブルームレス台木南瓜・一輝開発。
平成元年 種子販売部門を株式会社シードに分離独立。
平成5年 遺伝子組み換えによるバイラス抵抗性キュウリの植物体作出、特許出願。
平成6年

ブルームレス台木南瓜・ ゆうゆう一輝開発。

平成7年 地這系ネットメロン・キスミー開発(アールスの血を入れた1クラス上の地這系ネットメロンとしてデビュー、作型毎6品種)。
平成7年 西南サービスセンターを開設。
平成9年 アールスメロン栄華開発。
平成10年 ミニキュウリ・おやゆび姫 EX 発売。
従来のおやゆび姫の改良型。ハウス・露地兼用で多収性。
平成11年 キュウリ・グリーンラックス開発(本格的、促成摘芯栽培用、夏キュウリを連想させる高品質品種としてデビュー)。
平成11年 地這系赤肉ネットメロン ラブミー開発。
平成12年 キュウリ・グリーンラックスU開発。
キュウリ・エクセレント節成り1号開発、ハウス向け褐斑病に比較的強く秀品収量の多い品種として注目される。
平成14年 キュウリ・ハイグリーン21、ハイグリーン22開発、グリーンラックスと並び、冬春キュウリが色、つや、食味で夏キュウリに匹敵する高品質時代を幕開けさせる。
キュウリ・エクセレント節成り2号開発。
平成16年 キュウリ・豊栄1号開発・露地夏秋栽培向けとして強い草勢からベト、ウドンコ、カッパン、バイラスなどに対して複合的に強い品種として注目される。
キュウリ・光神1号・光神2号開発。色、つや、食味で夏キュウリに匹敵する高品質を伴い、強い節なり率と多花性の品種でありながら側枝の発生の良さはキュウリの品種史上画期的。
平成17年 キュウリ・トップラン開発。
耐寒性と高品質、省力品種として摘芯、つる下げ栽培用として注目される。
平成18年 四葉キュウリ・恵沢23、ハウス恵沢、恵沢30 高品質四葉キュウリ開発。